雑記 〜音楽と機材とその他アレコレ〜

音楽や機材の話を記します。半分備忘録です。

君が泣くなら


Lamp - 君が泣くなら

 

冬フェスの練習ばっかりで、ろくに音楽を聴いていなかったので、久しぶりにLampを聴いています。

Lampの君が泣くなら、が流れています。左右に配置されている様々な鍵盤楽器の音色、綺麗な歌詞、メロディ、要所要所でのキメなど、なかなかに聴きどころが多い曲です。歌詞の内容としてはまあラブソングなのですが、「春風は まだ強く 薄化粧を 攫って行く」とか「渦巻く夢の欠片は まだ闇い春の街を彩る」みたいにすごく綺麗な表現が使われています。歌詞は詩であるほど好きなので(日記のような歌詞はあまり好みではない。でも林檎好きなのはなんでだろう……)、横溢する耽美な言葉たち…なんて言ってしまうとダサいのですが、まあ大好きです。

 

最後のサビ前、Cメロ部でmoog?のサウンドがメロディとユニゾンするところも大好きです。全体的なリズムの構成、練られた管楽器のアレンジなど、勉強になるところもたくさんあります。バンドで演奏できるかはさておき、こんな曲ができたら幸せだろうなと思います。

 

昨年9月の東京キネマ倶楽部でのライブでもこの曲は演奏されていました。思い返すとあのライブは自分自身のなんていうか、音楽への思いみたいなものを再構成するくらいのインパクトがありました。上野・鶯谷の街を歩き、美味しいコーヒーを飲み、他愛もない話をして、素晴らしいパフォーマンスを目の当たりにして。

 

僕はどんなものが残せるだろうか。

 

色々と最近は考えることが多いです。アレコレ浮かぶ思考の断片の中にはくだらないもの、如何しようも無いもの、などがあります。考えなくてもいいようなことが浮かんでくる時はどうすればいいんだろう。「考え」に対して「浮かぶ」という言葉を当てた人の感性は素敵だな。ぷかぷか浮いてくる考えを沈めるにはどうしたら良いのでしょうか。誰かこっそり教えてね。

 

https://youtu.be/JsX-hmWSX3w


Conversa de Botequim - Dori Caymmi & Gal Costa

 

 

ドリ・カイミを聴いて寝ます。

 

 

今日はここまで。