雑記 〜音楽と機材とその他アレコレ〜

音楽や機材の話を記します。半分備忘録です。

ノーツ

 最近、OmmWriterというテキストエディタを購入しました。タイプ音やBGMが設定でき、何よりもUIが美しいです。本当に「文章を作成する」ことに特化していて、便利な機能などは一切ありません。だけど、それがとても心地よいです。Macをお使いの皆さんは是非導入してみてください。(何故か中華フォントになっちゃう時もあって、それがかなりの不満点ではあるのですが。)

f:id:rezamusic:20181026012619p:plain

背景も選べます。冬が好きなので冬にしています。

 

 BGMがかなり秀逸でして、アンビエント系のものや、海の音、焚き火の音などがあって、僕は大体雨の音にしています。こうやって環境音に耳をすませてみると(本来は集中力を高めるものだから耳をすませちゃダメなんだけど…)、なんというか、どんな音楽にも勝るような心地よさを感じます。

 

 

 

ダニエル・クオンの「ノーツ」をApple Musicで

 一曲目からサンプリングで様々な素材が使われております。個人的にはビートルズの「The End」のポールのピアノのフレーズが演奏されているところが好きです。全体的にはミニマルな演奏でまとまっていて、さらっとしたボーカルと合わさってかなり聴きやすいと思います。

 何がいいって、曲中にいい具合に散りばめられた色々な音ですね。コード、メロディは比較的動きの少ないものですが、例えば、5曲目では卓球の音(多分)が使われていて、リズミカルに演出しています。

 

 

 

https://youtu.be/ttExkS1g4MA


Daniel Kwon / "A Tiger's Meal" - SLEEPERS FILM

 

素敵だな……。

 

 

 環境音はなんていうか、曲にリアリティが生まれるので用いられるのではないでしょうか。

 昔は楽器の音だけで構成されているものが好きだったんですが、趣味は変わりますねほんと……。


Toninho Horta e Nelson Faria | Manoel, o Audaz

 

これ聴きながら寝ます。

 

 

 

今日はここまで。